診療時間・休診日

午前10:00〜12:00
午後14:30〜19:00
平成29年1月より日曜日午後は17時まで診察
休診:木・土・祝日
診察および注射は、順番にご案内しておりますので、お気軽にお越しください。
また点滴は、予約受付も行っておりますが以下の時間内であれば、ご予約なしでもお受けいただけます。

(点滴受付時間)
午前受付時間:
 10:00〜12:30(最終受付)
午後受付時間:
 14:30〜18:30(最終受付)

(注)日曜日の点滴最終受付は、16:30となります。

(なお、アミノ酸点滴および高濃度ビタミンC20g以上の点滴をご希望の方は点滴時間を要するため、ご相談ください。)

TEL:03-5333-4086 FAX:03-5333-4096

診療カレンダー

所在地

ナガヤメディカルクリニック
〒164-0012
東京都中野区本町3-29-10
ヴェルティ中野 2F
◎東京メトロ丸ノ内線
『中野坂上駅・3番出口』より、青梅街道を高円寺方面へ徒歩約5分。
◎都営大江戸線
『中野坂上駅・1番出口』より、青梅街道を高円寺方面へ徒歩約7分。
交通アクセス詳細

関連リンク

医療関係者の方へ

当クリニックで行うがん治療は、分子標的治療薬をはじめ、海外では承認されていますが、国内では未承認の薬剤を使用しております。

患者様がこれらの治療受けたいという場合、ご本人のご意思と共に、現在治療中であれば、治療を受けられている病院での主治医の先生のご理解・ご協力がなければ、行うことはできません。

がん治療に少しでも希望を持っていただき、気持ちよく治療を行うために、是非よろしくお願いいたします。

現在がん治療におきましては、『絶対的な治療薬』が無いことはご承知のとおりです。
従いまして、標準治療を行っても限界が見られる場合には、それ以外の考えられ得る限りの治療薬を用いて治療に取り組む姿勢も大切だと考えております。

これらのことをご配慮下さいまして、是非、皆さまのご理解・ご協力をお願い申し上げます。

当クリニックで行う治療の一例は、以下の通りです。
1.TNF-NC
▽関連資料
TNFの歴史

19世紀後半、Coley等は、腫瘍を患った患者が感染した際、その腫瘍が偶然にも消失し、更には治癒することがあるということに気が付きました。これに基づき、Coley達は不活化したグラム陰性菌及びグラム陽性菌の混合ワクチンを作り、悪性腫瘍の治療に利用しました。それを「Coley毒素療法」と呼びます。Coley毒素を使うことにより、軟部組織腫瘍の患者の生存率を高めることに成功したため、当時、大変高い評判を得ることとなりました。

1936年Coleyが去った後も、人々は、それまで広く利用されていた化学療法や放射線治療とともにColeyワクチンにも関心を持ち続けることとなりました。それから100年以上たった今、人々は「Coley毒素療法」に再び注目し、この治療法の主な原理は、体内で大量に発生したTNFが抗腫瘍作用に関与するということに気が付いたのでした。

1975年Carswellは、研究中、BCGを摂取したマウスに大腸桿菌の内毒素を注射した後、血清中に一種の物質が発生し、その物質が移植した腫瘍の出血、壊死を引き起こすということを発見しました。その物質は腫瘍壊死因子(tumor necrosis factor,TNF)と呼ばれることになりました。

TNFはαとβ二種類に分かれ、TNF-αは活性化マクロファージから産生され、悪液質(cachectin)とも言います。TNF- βは活性化のリンパ細胞から生じ、またはリンパ毒素(lymphotoxin)とも言い、二者は類似した生物活性を有します。[1]

CarswellがTNFを発見した後、多くの学者は、他の研究において、TNFが体外と体内で様々な腫瘍細胞に対し明らかな細胞毒性作用があるということに気が付きました。1984年にPennicaらは初めてTNFのcDNAをクローン化し、大腸桿菌中での発現に成功しました。

その後、多くの学者はTNFの臨床研究に取り組むことになります。

1987年からヨーロッパ(ドイツ、イギリス、フランス、ポーランドなど)、アメリカ、日本などでは続々とTNFに関するI期及びII期の臨床実験報告が発表されました。しかし、その大部分はTNFに対して希望を抱いた多くの人々を失望させることになりました。なぜならば重度の感染患者はその副作用に耐え切れず、万が一患者が耐えられたとしても、その薬剤濃度では抗腫瘍作用を起こすには到底及ばないからです。研究発表から、抗腫瘍作用の理想的効果をあげるのに必要なhTNFの用量は人体が耐えられる最大用量の5−25倍が必要であるということが分かりました。[2]

そのため、当時TNFの研究は低迷しほぼ停滞することとなったのでした。
しかしTNFの抗腫瘍作用がすでに明確であったため、TNFの研究を諦めない学者は少なくありませんでした。90年代中期以降、研究者は次々とTNFの局部使用の臨床研究結果を発表しました。

TNFの局部使用(多量の局部注射、腫瘍内注射、胸腹腔内注射等)では良い効果が得られ、全身での使用においても、重度の副作用を避けられるということを証明しました。

この発見が、人々をTNFに再度注目させることとなったのです。

TNFの抗腫瘍作用を高めると同時に副作用を無くすため、国内外の多くの研究機関が惜しまぬ努力を続け、hTNFの産生にTNF分子の構造改良が必要不可欠であることが分かったのでした。研究を深めるにつれ、高作用、低毒性の新たなTNFについての成果が次々と得られ、TNFの研究は新たな進展を向かえることとなったのです。

2.分子標的治療薬 各種
▽関連資料
ア、 Sunitinib
薬剤説明書
ワーキンググループ検討結果報告書
ASCO(米国臨床腫瘍学会)で、非小細胞肺がん、転移性腎細胞がん、GIST(消化管間質腫瘍)に対する、「SUTENTR」(スニチニブ)の有用性を示すデータを発表。 《ファイザー株式会社》
イ、 Temsirolimus
薬剤説明書
米国ワイスが進行性腎細胞癌治療薬Toriselの新薬申請および医薬品販売承認申請を提出 《ワイス株式会社》
TORISEL is a mammalian target of rapamycin (mTOR) inhibitor indicated for the treatment of advanced renal cell carcinoma (RCC).1
ウ、 Lapatinib
薬剤説明書
エ、 Panitumumab
薬剤説明書
パニツムマブが結腸・直腸癌を対象に申請 《日系メディカル オンライン》
パニツムマブが転移性大腸癌対象国内フェーズII試験で有望結果 《日系メディカル オンライン》
オ、 Bevacizumab
MedWatch Safety Alerts for Human Medical Products 《FDA》
Bevacizumab plus Irinotecan, Fluorouracil, and Leucovorin for Metastatic Colorectal Cancer 《NEJM》
カ、 Everolimus
Certican(R)
Novartis社 Afinitorが腎細胞癌治療薬としてFDA承認された 《BioToday》
Novartis社 RAD001の膵神経内分泌腫瘍増殖コントロール作用が確認された 《BioToday》
ネオアジュバント療法におけるレトロゾールとRAD001の併用で閉経後乳癌の臨床的奏効率が改善 《日系メディカル オンライン》
新機序抗がん剤RAD001の国内フェーズ1結果が発表、一部に抗腫瘍効果確認 《がんナビ》
キ、 Cetuximab
欧州で転移性大腸癌の第一選択にもセツキシマブが認可 《日系メディカル オンライン》
切除不能進行・再発結腸直腸がんの適応でセツキシマブが承認取得 《がんナビ》
局所進行、転移性胃腺癌などにシスプラチン、ドセタキセル、セツキシマブの併用が有効 《日系メディカル オンライン》
3.細胞免疫療法
▽関連資料
CPC免疫研究所 《HIS鳥潟クリニック》

その他にもあります。
4.自家ワクチン療法
5.その他
※ただいま準備中です
以上、何卒よろしくお願い申し上げます。