診療時間・休診日

午前10:00〜12:00
午後14:30〜19:00
平成29年1月より日曜日午後は17時まで診察
休診:木・土・祝日
診察および注射は、順番にご案内しておりますので、お気軽にお越しください。
また点滴は、予約受付も行っておりますが以下の時間内であれば、ご予約なしでもお受けいただけます。

(点滴受付時間)
午前受付時間:
 10:00〜12:30(最終受付)
午後受付時間:
 14:30〜18:30(最終受付)

(注)日曜日の点滴最終受付は、16:30となります。

(なお、アミノ酸点滴および高濃度ビタミンC20g以上の点滴をご希望の方は点滴時間を要するため、ご相談ください。)

TEL:03-5333-4086 FAX:03-5333-4096

診療カレンダー

所在地

ナガヤメディカルクリニック
〒164-0012
東京都中野区本町3-29-10
ヴェルティ中野 2F
◎東京メトロ丸ノ内線
『中野坂上駅・3番出口』より、青梅街道を高円寺方面へ徒歩約5分。
◎都営大江戸線
『中野坂上駅・1番出口』より、青梅街道を高円寺方面へ徒歩約7分。
交通アクセス詳細

関連リンク

がん遺伝子統合医療(がん治療)


【ウクライン点滴の長所】
専らがん細胞にのみ作用する抗がん剤で、投与から数分以内にがん細胞に集中する。
治療のための投薬量では正常細胞にダメージを与えることがない。
副作用がほとんどない。
※短所としては、「定期的に点滴をする必要」があることです。
▽『ウクライン(UKRAIN)』って何?

『ウクライン』は、クサノオウ(ケシ目ケシ科の属の1つ及び同属に含まれる一年生植物)の特別な抽出液を主体とし、様々ながんの治療に用いられます。

ウクラインは、先ず何よりも専らがん細胞にのみ作用する抗がん剤で、投与から数分以内にがん細胞に集中します。

そして、がん細胞の「細胞死」を引き起こしますが、化学療法と全く異なり、治療のための投薬量では、正常細胞にダメージを与えることがありません

ウクラインは抗がん剤として、アラブ首長国連邦・ヨーロッパの幾つかの国々(ウクライナなど)・メキシコで認可され、アメリカとオーストラリアで「膵臓(すいぞう)がんに対する稀少疾病用医薬品」に指定されています。

2004年と2006年、ウクラインの開発者であるワシル・ノヴィッキー博士は、ノーベル化学賞にノミネートされています。

▽『ウクライン』の特性と作用のしくみ

ウクラインは、血管新生阻害作用によって腫瘍部分を包み込み、外科手術を容易にします。
薬効作用は極めてユニークなメカニズムを有し、この点で他の医薬品と全く異なっています。

加えてウクラインには、「免疫機能」を活性化する作用があります。
このため、患者さんの総合的な状態を改善し、単に延命ばかりでなく、多くの症例で病気からの回復に寄与しています。

ウクラインの投与許容量(TI)は「1250」で、通常の細胞増殖抑制剤の投与許容量「1.4〜1.8」に比べて非常に高い数値です。このために、がん細胞に対して有毒な投与量では、患者さんの身体には一切悪影響がありません

ウクラインを皮下注射しても、何ら人体組織の壊死を起こさないのも、このためと考えられます。
このユニークな特性は、様々な国々の専門家による多くの臨床研究で実証されています。
これは、悪性細胞16例、正常細胞9例によるものです。

がん細胞の増殖を抑止する通常の抗がん剤は、がん細胞のみならず正常細胞にも有毒ですが、これに対しウクラインは「がん細胞にのみ有毒」で、このため『選択性抗がん剤』と呼ばれます。

▽『ウクライン』の適応疾患と効果
腫瘍の種類 合計 完全消滅 部分縮小 効果なし
    症例数 症例数 割合 症例数 割合 症例数 割合
1. 前立腺がん 74 54 73% 16 22% 4 5%
2. 乳がん 61 19 31% 26 43% 16 26%
3. 大腸・直腸がん 48 8 16.7% 31 64.6% 9 17.7%
4. 膵臓(すいぞう)がん 28     24 85.7% 4 14.3%
5. 気管支がん・腺がん 26 2 7.7% 19 73.1% 5 19.2%
6. 気管支がん・小細胞がん 24 5 21% 15 62.5% 4 16.5%
7. 卵巣がん 18 6 33.3% 8 44.4% 4 22.3%
8. 胃がん 16 2 12.5% 12 75% 2 12.5%
9. 印環細胞がん 12     8 66.6% 4 33.3%
10. 扁平上皮がん 12     10 83.3% 2 16.6%
11. 悪性黒色腫 12     10 83.3% 2 16.7%
12. ユーイング肉腫 8 4 50% 4 50%    
13. 外陰・子宮がん 8     8 100%    
14. 腎細胞がん 8     6 75% 2 25%
15. エストロゲン肉腫 7     5 71.5% 2 28.5%
16. 星状細胞腫 6 4 66.6% 1 16.6% 1 16.6%
17. 胆のうがん 6     6 100%    
18. 肝細胞がん 6     4 66.6% 2 33.3%
19. 神経芽細胞腫 5 3 60% 1 20% 1 20%
腫瘍の種類 合計 完全消滅 部分縮小 効果なし
    症例数 症例数 割合 症例数 割合 症例数 割合
20. セミノーマ 4 3 75% 1 25%    
21. ウィルムス腫瘍 4     1 25% 3 75%
22. 膠芽(こうが)細胞腫 4     3 75% 1 25%
23. 膀胱(ぼうこう)がん 4 2 50% 1 25% 1 25%
24. 原発不明がん 3 1 33.3% 2 66.6%    
25. 横紋筋肉腫 3     1 33.3% 2 66.6%
26. 髄芽(ずいが)腫 3     2 66.6% 1 33.3%
27. 非ホジキンリンパ腫 3     2 66.6% 1 33.3%
28. 多発性骨髄腫(形質細胞腫) 2 1 50%     1 50%
29. 胸膜中皮腫 2     2 100%    
30. 虫垂がん 2     2 100%    
31. 中皮腫 2     1 50% 1 50%
32. 軟部組織腫瘍 2     1 50% 1 50%
33. クラッキン腫瘍 2     1 50% 1 50%
34. 上皮気管支がん 1     1 100%    
35. 上咽頭リンパがん 1     1 100%    
36. 腎芽細胞腫 1         1 100%
37. ライディッヒ細胞腫瘍 1         1 100%
38. 平滑筋肉腫 1         1 100%
39. 神経外胚葉腫瘍 1         1 100%
腫瘍の種類 合計 完全消滅 部分縮小 効果なし
    症例数 症例数 割合 症例数 割合 症例数 割合
40. 組織球腫 1         1 100%
41. 粘表皮がん 1         1 100%
42. 腹膜軟部組織腫瘍 1         1 100%
43. 神経鞘腫 1         1 100%
44. 上衣腫 1         1 100%
45. 神経外胚葉腫瘍 1         1 100%
  結 果 437 114 26.1% 236 54% 87 19.9%


※点滴は決められたスケジュールで行います。
※輸入薬剤のため、治療決定後から開始まで2週間程度必要な場合があります。予めご了承願います

★ウクライン点滴に関する詳細は、メールまたは電話(03−5333−4086)にて、お気軽にご連絡ください^^