診療時間・休診日

午前10:00〜12:00
午後14:30〜19:00
平成29年1月より日曜日午後は17時まで診察
休診:木・土・祝日
診察および注射は、順番にご案内しておりますので、お気軽にお越しください。
また点滴は、予約受付も行っておりますが以下の時間内であれば、ご予約なしでもお受けいただけます。

(点滴受付時間)
午前受付時間:
 10:00〜12:30(最終受付)
午後受付時間:
 14:30〜18:30(最終受付)

(注)日曜日の点滴最終受付は、16:30となります。

(なお、アミノ酸点滴および高濃度ビタミンC20g以上の点滴をご希望の方は点滴時間を要するため、ご相談ください。)

TEL:03-5333-4086 FAX:03-5333-4096

診療カレンダー

所在地

ナガヤメディカルクリニック
〒164-0012
東京都中野区本町3-29-10
ヴェルティ中野 2F
◎東京メトロ丸ノ内線
『中野坂上駅・3番出口』より、青梅街道を高円寺方面へ徒歩約5分。
◎都営大江戸線
『中野坂上駅・1番出口』より、青梅街道を高円寺方面へ徒歩約7分。
交通アクセス詳細

関連リンク

がん遺伝子統合医療(がん治療)


【分子標的治療の長所】
「がん特有の分子」や「細胞の変異」を、ピンポイントミサイルのように“目標とする分子だけを攻撃する”ため、現行の抗がん剤に比べ、正常細胞への悪影響(副作用)が少ない
がん細胞が多く持っているタンパク質・分子構造に対して選択的に働くために、がん細胞増殖や転移を抑え込める可能性があり、生活の質(QOL)の向上を見込める。
※短所としては、がん細胞の持っている『タンパク質』は正常細胞にも同じものが少し含まれ、このタンパク質も同時に攻撃してしまうために副作用が出ます。また、お薬の製法にもよるのですが、必ずからだに「抵抗性」ができ、その結果、効果が無くなることがあります。
▽『分子標的治療法』とは
がん細胞が多く持つ“特異的な性質”を“分子レベル”でとらえ、その分子(タンパク質や酵素など)を標的として、がん細胞の「増殖や転移を阻害する薬剤」を使用した治療法です。

※ただし、がん細胞のこの特異的な性質を持つ分子構造は、正常細胞にも少しは見られます。
▽『分子標的治療』の代表的なお薬(日本で承認済み:健康保険適用)
頭頚部癌治療
◎アービタックス(Erbitux) 〈一般名:Cetuximab/Imclone/BMS/Merck〉
『EGFR』に対する、「モノクローナル抗体」です。切除不能な進行性、再発の頭頚部癌に適応があります。
乳がん治療薬
◎ハーセプチン(Herceptin) 〈一般名:トラスツマブ/中外製薬〉
乳がんに発現する『HER2』をターゲットにした、ヒト化モノクローナル抗体です。がん細胞に『HER2』が発現する、25〜30%の乳がん患者さんに適応します。『HER2』に結合し、そのシグナル伝達を阻害するとともに、免疫担当細胞によって正常細胞への攻撃を避ける『オプソニン効果』があります。Genentech社の開発により、1998年に米国FDA承認、日本では2001年に輸入承認されました。各種の国内臨床試験でも有効性が認められ、現在『HER2』陽性例に対し、エピルビシン・シクロホスファミド・ドセタキセルとの併用療法の臨床試験中です。
◎パージェタ(Perjeta) 〈一般名:ベルツズマブ/中外〉
二量体阻害化モノクローナル抗体で、ハーセプチン(トラスズマブ)との併用でADCC活性が増強されます。切除不能または再発乳がんに適応があります。
◎カドサイラ(Kadcyla) 〈一般名:トラスズマブエムタシン〉
トラスズマブとエムタシンを結合させた抗体薬剤接合体です。切除不能または再発乳がんに適応があります。
◎アバスチン(Avastin) 〈一般名:Bevacizumab/OSI/Genentech〉
『VEGF(血管内皮成長因子)』に対する、モノクローナル抗体です。手術不能または再発乳がん適応があります。
◎タイケルブ(Tykerb) 〈一般名:Lapatinib tosilate/Glaxo-Smith-Klein〉
『EGFR』と『HER2』を阻害する、チロシンキナーゼ阻害剤です。『転移性乳がん』に適応します。
肺がん治療薬
◎アバスチン(Avastin) 〈一般名:Bevacizumab/OSI/Genentech〉
『VEGF(血管内皮成長因子)』に対する、モノクローナル抗体です。扁平上皮癌を除く、手術不能または再発肺がんに適応となっています。
◎イレッサ(Iressa) 〈一般名:ゲフィチニブ/アストラゼネカ〉
上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)の「キナーゼ活性を阻害」する薬剤です。EGFR遺伝子変異陽性または手術不能な非小細胞肺がんに有効です。副作用として「重篤な間質性肺炎」があります。
◎タルセバ(Tarceva) 〈一般名:Erlotinib/OSI〉
『EGFR(上皮成長因子受容体)』の「チロシンキナーゼ酵素」を阻害する、モノクローナル抗体です。標準治療が無効な、がん化学療法未治療で進行性・転移性の『非小細胞性肺がん』に適応します。
◎ジオトリフ(Giotrif) 〈一般名:アファチニブ〉
EGFR遺伝子変異陽性の手術不能または再発非小細胞肺がんに適応されます。
◎ザーコリ(Xalkori) 〈一般名:グリソチニブ〉
ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発非小細胞肺がんに適応されます。
胃がん治療薬
◎ハーセプチン(Herceptin) 〈一般名:トラスツマブ/中外製薬〉
胃がんに発現する『HER2』をターゲットにした、ヒト化モノクローナル抗体です。治癒切除不能な進行・再発胃がんに適応されます。
肝臓がん治療薬
◎ネクサバール(Nexavar) 〈一般名:Sorafenib/バイエル薬品株式会社〉
VGEF受容体、血小板由来増殖因子(PDGF)受容体、rafなどを抑制する、初の『経口マルチキナーゼ阻害剤』です。切除不能な肝細胞がんに適応があります。
腎細胞がん治療薬
◎アバスチン(Avastin) 〈一般名:Bevacizumab/OSI/Genentech〉
『VEGF(血管内皮成長因子)』に対する、モノクローナル抗体です。扁平上皮癌を除く、手術不能または再発腎細胞がんに適応となっています。
◎ネクサバール(Nexavar) 〈一般名:Sorafenib/バイエル薬品株式会社〉
VGEF受容体、血小板由来増殖因子(PDGF)受容体、rafなどを抑制する、初の『経口マルチキナーゼ阻害剤』です。切除不能な腎細胞がんに適応があります。
◎スーテント(Sutent) 〈一般名:Sunitinib/ファイザー株式会社〉
がん細胞の成長に必要な「血液と栄養の遮断作用」を持つ、マルチターゲット型マルチキナーゼ阻害剤です。転移性進行性腎細胞がんに適応します。
◎インライタ(Inlyta) 〈一般名:アキシチニブ〉
VGEF1,2,3を選択的に阻害する血管新生阻害剤です。根治切除不能なまたは転移性の腎細胞がんに適応があります。
◎アフィニトール(Afinitor) 〈一般名:エベロリムス〉
mTOR阻害により腫瘍細胞増殖を抑制します。根治切除不能なまたは転移性の腎細胞がんに適応があります。
◎トーリセル(Torisel) 〈一般名:テムシロリムス〉
根治切除不能なまたは転移性の腎細胞がんに適応があります。
大腸、直腸、結腸、直腸癌治療薬
◎アバスチン(Avastin) 〈一般名:Bevacizumab/OSI/Genentech〉
『VEGF(血管内皮成長因子)』に対する、モノクローナル抗体です。扁平上皮癌を除く、治癒切除不能または再発結腸、直腸がんに適応となっています。
◎アービタックス(Erbitux) 〈一般名:Cetuximab/Imclone/BMS/Merck〉
『EGFR』に対する、「モノクローナル抗体」です。EGFR陽性の治癒切除不能な進行性、再発の結腸、直腸癌に適応があります。KRAS野生型の腫瘍に有効性が高いです。
◎ベクチビックス(Vectibix) 〈一般名:パニツマブ〉
完全ヒト化抗EGFR抗体です。KRAS野生型の治癒切除不能な進行・再発の結腸、直腸がんに適応があります。
◎スチバーガ(Stivarga) 〈一般名:レゴレフェニブ水和物〉
治癒切除不能な進行・再発の結腸、直腸がんに適応があります。
すい臓がん治療薬
◎タルセバ(Tarceva) 〈一般名:Erlotinib/OSI〉
『EGFR(上皮成長因子受容体)』の「チロシンキナーゼ酵素」を阻害する、モノクローナル抗体です。治癒切除不能なすい臓がんに適応があります。
◎ヴォトリエント(Votrient) 〈一般名:パゾパニブ〉
悪性軟部腫瘍に適応があります。
その他のがん治療薬
◎グリベック(Gleevec/Glivec) 〈一般名:メシル酸イマチニブ/ノバルティスファーマ〉
慢性骨髄性白血病(CML)の染色体転座による、『Bcr-Ablキメラ遺伝子』の「チロシンキナーゼ活性」を阻害する薬剤です。最近の第一選択薬剤です。スイスの製薬会社「ノバルティスファーマ」が開発し、2001年、米国FDAに承認されました。大きな副作用がなく、治療効果も比較的高いとされています。『c-kitがん遺伝子(チロシンキナーゼ)』の効果も最近発見されました。日本では、2001年に『慢性骨髄性白血病』に、2003年には『消化管間質腫瘍(GIST、c-kit発現)』に承認されました。
◎リツキサン(Rituxan) 〈一般名:ツキシマブ/全薬工業−中外製薬〉
B細胞リンパ腫の『特異的CD20抗原』を認識する、「特異的キメラ型モノクローナル抗体」です。低悪性度または、濾胞性B細胞性非ホジキンリンパ腫・マントル細胞リンパ腫・慢性リンパ性白血病(日本は適応外)の疾患に適応します。1991年、米国バイオゲン・アイデック社(現)が開発し、Genentech社に対し1997年にFDA承認されました。日本の臨床試験は1996年から行われ、2001年、「非ホジキンリンパ腫」に対し承認されました。
◎ゲムツズマブ・オゾガマイシン(Gemutuzumab-Ozogamicin) 〈一般名:リツキシマブ/ワイス〉
『急性骨髄性白血病細胞(AML)』に発現する、「細胞表面抗原CD33」に対するモノクローナル抗体に、抗生物質『カリケアマイシン(ozogamicin)』を結合させた薬剤です。2000年、米国FDAで承認されました。
【1】CD33抗原の陽性(約80%) 【2】再発 【3】60歳以上 【4】他の化学療法の抵抗性
・・・という、4条件をすべて満たす場合のみ適応されます。
▽『分子標的治療』の代表的な薬(日本で「未承認:健康保険適用外」)
◎キャンパス(Campath) 〈一般名:Alemtuzumab/ILEX/Schering〉
『B細胞性慢性リンパ性白血病細胞の表面抗原CD52』に対する、モノクローナル抗体です。『慢性リンパ性白血病(CLL)』に適応します。 2001年、米国FDAに承認されました。
◎オバレックス(OvaRex) 〈一般名:Orgomomab/AltaRex〉
がん細胞の表面抗原『CA125』に対する、モノクローナル抗体です。卵巣がんに適応します。
◎ゼヴァリン(Zevalin) 〈一般名:Ibritumomab Tiuxetan/IDEC/Schering〉
『CD20抗原に対するモノクローナル抗体』に、放射性物質(イットリウム90/インジウム111)を結合させた薬剤です。B細胞性非ホジキンリンパ腫で、リツキシマブ無効例に適応します。 2004年、米国FDAに承認されました。
◎ベキサール(Bexxar) 〈一般名:Tositumomab/Corixa/SKB〉
『抗CD20マウスモノクローナル抗体』に、放射性物質(ヨード131)を結合させた薬剤です。CD20陽性の濾胞性(B細胞性)非ホジキンリンパ腫、リツキシマブ無効例で他の抗がん剤治療後の再発症例に適応します。 2003年、米国FDAに承認されました。
◎ベルケード(Velcade) 〈一般名:Bortezomib/Millenium〉
細胞周期進行に要するタンパク分解を阻害して『アポトーシス(細胞死)』を誘導する、新型分子標的治療剤のプロテアソーム阻害剤です。多発性骨髄腫の通常治療無効例に適応します。 2003年、米国FDAに承認されました。「非ホジキンリンパ腫」にも効果があるとされています。
◎スプリセル(Sprycel) 〈一般名:Dasatinib/Bristol-Myers KK〉
チロシンキナーゼ阻害剤です。慢性骨髄性白血病(CML)、急性リンパ性白血病(Ph+ALL)に適応します。2006年、米国FDAに承認されました。

分子標的治療薬は、耐性ができること、副作用のことなど、十分考慮して使用される必要があります。
日本で認可されている分子標的薬でも、他のがんに有効性がある場合があります。海外の報告も踏まえ、癌治療に応用していくことも考えています。
治療法は、これだけではありませんので、治療法につきましてはご相談ください。