診療時間・休診日

午前10:00〜12:00
午後14:30〜19:00
平成29年1月より日曜日午後は17時まで診察
休診:木・土・祝日
診察および注射は、順番にご案内しておりますので、お気軽にお越しください。
また点滴は、予約受付も行っておりますが以下の時間内であれば、ご予約なしでもお受けいただけます。

(点滴受付時間)
午前受付時間:
 10:00〜12:30(最終受付)
午後受付時間:
 14:30〜18:30(最終受付)

(注)日曜日の点滴最終受付は、16:30となります。

(なお、アミノ酸点滴および高濃度ビタミンC20g以上の点滴をご希望の方は点滴時間を要するため、ご相談ください。)

TEL:03-5333-4086 FAX:03-5333-4096

診療カレンダー

所在地

ナガヤメディカルクリニック
〒164-0012
東京都中野区本町3-29-10
ヴェルティ中野 2F
◎東京メトロ丸ノ内線
『中野坂上駅・3番出口』より、青梅街道を高円寺方面へ徒歩約5分。
◎都営大江戸線
『中野坂上駅・1番出口』より、青梅街道を高円寺方面へ徒歩約7分。
交通アクセス詳細

関連リンク

がん予防

PanaSee(パナシー)

PanaSee(パナシー)はPC-594という血中成分から、膵がんのリスクを調べる血液検査です。高リスクの場合、画像検査など、より頻繁に検査を受けることが推奨されます。手頃な価格で、1-2年ごとの定期受検がおすすめです。

患者向けリーフレット

すい臓がんとは?

  • 死亡数は第4位ですが、5年生存率が非常に低いことがわかっています。

    *出典:最新がん統計より
  • 初期(Stage機砲肋評が見られず早期発見が難しいため、発見されたときには進行していることが多いのが特徴です。
    *参考:がん情報サービスより
  • 早期発見できれば早期治療が可能で、5年生存率も飛躍的に上がります。

    *出典:全国がん(成人病)センター協議会の生存率共同調査 KapWeb(2016年2月集計)による

すい臓がんの検査とは?

  • 腫瘍マーカー(CA19-9)
    →2cm以下のすい臓がんに対しての感度が低い(50%程度)ため、早期発見に不向きです。
  • 腹部超音波(エコー)検査
    →鮮明な画像が得られにくいため、早期の小さなすい臓がんの発見は難しいです。
  • CT
    →精度は高いですが、すい臓がんの場合は造影剤を使う必要があるため、初期の検査に向きません。

参考:膵癌診療ガイドライン2013年版より

PanaSee検査とは?

  • 採血だけで簡単に、すい臓がんのリスクを測ることができる検査です。
  • 血中のPC-594の濃度を測定することで、すい臓がんの発症確率が高い(高リスク)群か低い(低リスク)群かを判別します。
  • 低リスク群に比べ、高リスク群は発症リスクが約60倍高いことがわかっています。
     →高リスク:1/202の確率で、すい臓がんを発症するリスクがあります。
     →低リスク:1/12,500の確率で、すい臓がんを発症するリスクがあります。

  • すい臓がんの全てのステージにおいて感度が87%、特にStage0-兇僚藉ステージにおいても86%と、早期発見に有効な検査です。
    *出典:Ritchie et al., BMC Cancer. 2013,13:146

PanaSeeと他検査との比較

PanaSee検査で高リスクと判定されたら?