診療時間・休診日

休診日はカレンダーをご参照ください。
午前10:00~12:00
午後14:30~19:00
日曜日午後は17時まで診察
休診:木・土・祝日

診療カレンダー

診察および注射は、順番にご案内しておりますので、お気軽にお越しください。
また点滴は、予約受付も行っておりますが以下の時間内であれば、ご予約なしでもお受けいただけます。

(点滴受付時間)
午前受付時間:
 10:00~12:30(最終受付)
午後受付時間:
 14:30~18:30(最終受付)

(注)日曜日の点滴最終受付は、16:30となります。

(なお、アミノ酸点滴および高濃度ビタミンC20g以上の点滴をご希望の方は点滴時間を要するため、ご相談ください。)

TEL:03-5333-4086 FAX:03-5333-4096

所在地

ナガヤメディカルクリニック
〒164-0012
東京都中野区本町3-29-10
ヴェルティ中野 2F
◎東京メトロ丸ノ内線
『中野坂上駅・3番出口』より、青梅街道を高円寺方面へ徒歩約5分。
◎都営大江戸線
『中野坂上駅・1番出口』より、青梅街道を高円寺方面へ徒歩約7分。
交通アクセス詳細

関連リンク

がん対策

特殊マイクロ波治療について

 特殊マイクロ波は、前田華郎先生(アドバンスクリニック横浜)によって研究が重ねられ、生体と同じ周波数をがん患者屋さんのがんの活性のある部分に当てると、正常細胞に照射しても、周波数が同じであるため、共鳴して暖かくなるだけで、生体には悪影響を与えないですが、異なる周波数を持つがん細胞(がんエネルギー)に当てると、その細胞とは共鳴しないため、急速に患部を約43度まで上昇させると、がん細胞はその熱で壊され、がんの遺伝子は切断され、脆弱な腫瘍血管の破壊、さらにプラズマ効果によってがん活性を低下させることが分かってきました。

 がんは遺伝子異常により引き起こされる病気です。その原因は、宇宙のメッセージ(※)では、生体は元を正せば、原子より成り立っており、その原子を構成する電子、中性子、陽子のすべての周波数の歪みから起こってくるため、遺伝子の異常としてあらわれてくるということです。
 原因ははっきりわかっていませんが、生まれたときに遺伝子の異常を起こすようにセットされてきている場合、生後の生活環境により起こってくる場合があると考えられます。遺伝子異常を持った細胞は、正常細胞とは異なる周波数を持つことが知られています。この正常と異なる細胞の持つエネルギーを、がんのエネルギー(がん活性)と呼びます。この周波数の違いを見つけていく方法が、オーリングテスト(O-Ring Test)です。
 がん予防にも役立てています。